シロギスの釣り方

シロギスは、砂地に多く生息している魚で、口がとんがっている小型の魚です。
シロギスの天ぷらは特に、人気が高く居酒屋メニューから高級料亭でも食されます。
また、釣りの腕が顕著に出る言われる魚でもあり、餌を食べさせて、針を掛けるのが難しい魚とも言われます。
釣り方は、ロッドは、6フィートか、もっと短めのロッドでも対応出来ます。
バスロッドもしくは、シロギス専用のロッドを使用して釣ります。
バスロッドの場合、竿先が細い物を選んでください。
リールは、ダイワ・シマノ共に1500番程度のリールで十分対応出来ます。
ラインは、PEの0.8〜1号も有れば十分です。
ナイロン、フロロを使っても良いのですが、おすすめはPEラインになります。
PEは特に感度が高いので、シロギスのわずかな当たりにも反応することが出来ます。
仕掛けに関しては、シロギス専用針の仕掛けです。
針サイズは5〜8号程度あり、6号辺りが無難かと思います。

 

実際の釣りでは、投げた後、砂底をゆっくりとズルズルと引いて行きます。
ぷるぷる震えた当たりで、ゆっくりと合わせてひっかけます。
口がとがっていてるので、なかなか針をくちにかけるのが難しい魚なので注意が必要です。
シロギスの辺りは、ブルブル竿先が震える特徴があるあり、シロギスの専門で釣りをする方もいるぐらい人気です。

 

また5月からのシロギスのシーズンでは、船釣りでシロギスの数釣りを行う大会も行われます。
感覚を掴んだ方は、数百匹釣ることができる一方、感覚をつかむのが苦手の方は数匹でおわるなど奥が深いのがシロギスです。

 

シロギスの中でも30cmを超えるサイズを、尺キスと言って、大物扱いされています。
身もたくさんついているので、食べるには最高のサイズですが、数があまりかからないです。

 

初心者から釣りの経験者まで多くの方に楽しんでもらえる釣りです。

 

トップへ戻る